父ちゃん坊やの普通の写真

民具

a0200696_17253579.jpg

撮影時間は12時48分、山仕事から帰ってきてお昼でも食べに家に帰っているのでしょう。背負子(しょいこ)。私の両親は「せいた」って呼んでいたと思います。地方によっては嫁入道具の一つだったようです。この「せいた」とてもよく出来ていて民具というより『民芸』といってもいいくらい。



にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
ポチッとしてもらったら木に登っちゃう
[PR]
by noboru-X | 2013-05-15 17:35 | X100s | Comments(6)
Commented by minton at 2013-05-15 22:01 x
丁寧に作られた道具は美しいですね。
Commented by 沙於里 at 2013-05-16 00:31 x
うちにも10年位前に古民具屋さんで買った背負子があります♪
個展の時の看板に使いました(^_^)/
今は寝室で、過ごしてきた時間を懐かしそうに思い出しているようです。
Commented by masamunelunaluna at 2013-05-16 23:34
のぼるさん、こんばんは。
ご体調はもう大丈夫ですか?
モノクロの世界でも、しっかり初夏を感じるのぼるさんの写真の数々。
いつも楽しませていただいています。
背負子とやら、嫁入り道具のひとつだったなんて。
よく見ればほんと、背中の部分、美しい仕上がりですね。P★
Commented by noboru-X at 2013-05-17 19:52
★mintonさん、ありがとうございます★
この背負子、ほんとに随所にこだわった作りです。
こういうこだわりが民芸になったのでそうね。
Commented by noboru-X at 2013-05-17 19:57
★沙於里さん、ありがとうございます★
さすが沙於里さん、背負子をイーゼル風にするとは!!
山仕事、畑仕事に欠かせない道具だったのですね。
子供の頃、母の背負子を背負ったのですがサイズが
合わずお尻に当たって痛かった思いがあります。
寝室で鎮座する背負子に幸あれ(*^^)v
Commented by noboru-X at 2013-05-17 20:03
★「菊正宗:さん、ありがとうございます★
コメントありがとうございます、体長はほぼ大丈夫です(^^ゞ
自己流でモノクロやっていますが、こんなのでも
一人でも心に響くものがあれば嬉しいです。
最近は、ちゃんと写真の勉強も必要かななって思ったりもします(^^ゞ

名前
URL
削除用パスワード